So-net無料ブログ作成

東京モーターショー2007⑥(最終回) [お気に入り]

 

東京モーターショー2007は昨日幕を閉じました。

私のモーターショーレポもいよいよ最終回!

 

最終回は、世界最高峰のカーレース『F1』でございます。

 

まずは、TOYOTA。

今シリーズ、最初は中々いい成績を残せなかったけど、終盤頑張りました。

ラルフ・シューマッハはTOYOTAを去ってしまいますね。

さよなら、ラルフ。

ラルフとトゥルーリのヘルメットやつなぎも展示してあって、

「あの写真も撮ろうよ」と旦那に言ったのですが、

「抜け殻はいい。」と・・・・。ま、抜け殻だけど・・・。

来年は誰がTOYOTAに乗るのかしら?

そしてラルフはどのチームで乗るのかしら?

 

さて、続きましてHONDA。

アースカラーのマシンです。

「お手を触れないで下さい」の看板を無視して

ペタペタ触りまくる中年夫婦には、少々ビビリました。

ま、それはさておき、HONDAも今年は微妙な結果。

バトンはともかく、バリチェロが成績不振のままシーズンを終えてしまいましたね。

う~~ん、頑張って欲しいのだけれど・・・・。

 

そして、続きましては、BMW。

このチームは、今シーズンは良かったですね。

着実にポイントを稼いでいるというか、予選のQ3は常連でしたね。

安定感があるような。

クビサのモントリオールでのクラッシュはビックリしたけど、

あのクラッシュでもコックピットは無事だったんだから、すげーなーと思ってしまう。

「今のF1のマシンは安全性に優れているぞ!」

と認識させられたBMWでした。

 

そんでもって、お次はRENAULT。

マイルドセブンカラー改め、RENAULTカラー。

こんな色だったんですよね、昔っから。

このチームも、今シーズンはなかなか結果が出なかった感じ。

来年はあの人が返り咲くかも・・・なんて噂もありますからね、期待しましょう。

 

と、実物を見れたのは以上です。

そうなんです!

あの赤い跳ね馬フェラーリと、最後まで盛り上げてたメルセデスはF1マシンがなかったんです!

フェラーリブースには、「F1 World Champion 2007」と書いてあるだけ。

F1マシンを公道用に具現化した「F430スクーデリア」はありましたが、肝心のマシンはありませんでした。

 

あ、ちょっと話は反れますが・・・・・

フェラーリやランボルギーニなどのメーカーは一般人は実際に触ったりすることができません。

でも、必ずそんな一般人を尻目に試乗したりしてる人がいます。

ま、その辺にディーラーがあるわけじゃないから、モーターショーの時に実際の車を見て、

商談をしたりするようなんですが、ある意味、「勝ち組」さんなわけですね。

「負け組」(じゃないけど、凡人?)な私たちは柵の外から一生懸命見るわけですが、

なんとなく、動物園に来た気分になるのです。(負け惜しみ?)

そう、優越感に浸って試乗したりしてる勝ち組さんたちは動物園の動物。

柵の外から眺めているのは、その動物を見に来た人間。

ほ~ら、そう思うと触ったり乗ったりできないのも悔しくない。

ただ、そんな風に考えるのは、ちと悲しい・・・・。負け惜しみだよねぇ・・・・。

 

話を元に戻して、F1マシン。

残念なことにフェラーリには模型もありませんでした。

あまりに残念すぎて、でっかい跳ね馬のマークも写真に撮ってくるの忘れた。

 

で、んじゃ、コンストラクターズポイントは剥奪されちゃって、

しかも、最後の最後にドライバーズポイントも大逆転されて、ワールドチャンピオンも逃しちゃったメルセデス。

こっちはマシンがあるだろう!と期待して行ったのに、影も形もありませんでした。

本当にな~~んにもなかったのね。

まぁ、しょうがないのかもね。

 

 

さぁ、長きに渡り書いてきた東京モーターショーのレポートもお終い。

世界最大級の東京モーターショー、とても楽しめました。

次回開催は2年後。

2年後、車はどれだけ進化しているのでしょうか?

おもしろい車、個性的な車が登場するのを楽しみに待ってましょう!

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。